staffblog

電話でお問い合わせ
06-6332-9881

FAXでお問い合わせ
06-6332-9886

メールでお問い合わせ
osaka-info@watanabe-mfg.co.jp

お見積・加工相談
※お見積ページはデータを添付送信できます

IGES形式のデータが個人的に苦手な件

IGES形式のデータが個人的に苦手な件

「なんで苦手なの?」
「だって壊れやすいもん・・・」

3D-CADデータの中間ファイルをIGES形式でいただくことがあります。
でもIGES形式は苦手です。ソリッドデータにならないことが結構な頻度であります。

【まずは基本から】
IGESとは・・・異なるCAD間でデータを交換する際に使用する中間ファイル・フォーマットの一つ。ANSIが策定し、自動車産業を中心に実質的に世界標準となっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/IGESより抜粋)

そうなんです。自動車関係のお客様より、度々いただくことのある形式なのですが、自動車部品は複雑な形状が多いのです。そんな中でのIGES形式。なかなかソリッドに戻りません・・・

いただくならSTEP形式で是非お願いしたいです。

【なんで壊れやすいのか】
IGESはサーフェス群のデータです(一方、STEPやParasolidはソリッドデータです)。
(サーフェイスとソリッドの違いはコチラ→3Dモデルの表現方法

つまりお客様のCADから当社のCADに至るまでの経路としては

(お客様CAD)ソリッドデータ
 → (IGES)サーフェイスデータ
    → (当社CAD)ソリッドデータ

・・・となるわけです。
ソリッドデータを、わざわざサーフェイスに変換して、そこからソリッドデータに戻しこむわけです。
ソリッドデータが一旦に解体されているわけで、そこから複雑な形状へ戻すには、そりゃ難しいですよね。

(お客様CAD)ソリッドデータ
 → (STEP)ソリッドデータ
    → (当社CAD)ソリッドデータ

そりゃソリッドデータのままでいただける経路がベストですよね。
修復が出来なかったら、異なる形式でもらい直さないといけませんし。
それなら最初からソリッドデータでいただく方がいいですよね。

3Dデータの受渡しは「STEP(*.stp / *.step)」か「Parasolid(*.x_t)」で決まり!

2797

渡辺製作所へのお問い合わせ

加工数量は1個から承ります!

電話でお問い合わせ
06-6332-9881

FAXでお問い合わせ
06-6332-9886

メールでお問い合わせ

osaka-info@watanabe-mfg.co.jp

お見積・加工相談・お問い合わせ
※お見積ページからでもデータを添付し送信できます

Return Top