事業内容

目次

事業概要

渡辺製作所の試作分野

当社は「試作専門の会社」で今まで数々のデザインモデル・ワーキングモデルの製作を手掛けて参りました。

「試作=量産前提の製品」であると十分に認識し、量産までの工程においてお役立ていただける高品質な製品の製作に努めております。また、コスト面や納期面につきましても、できる限り柔軟に対応させていただきます。

これまで、航空機分野・自動車分野・OA機器分野・弱電分野・医療分野・産業機械分野における試作モデル・部品の納入実績があり、ワーキングモデル(試作部品)の品質・精度はもちろん、特にデザインモデル(意匠品・外装品)における仕上がりは、各分野のお客様にご好評いただいております。

試作モデル・試作部品の製作がおありでしたら、ぜひ当社へご用命ください。

プラスチック試作のいろいろな加工方法

安く早くならコレ!光造形(SLA)

通常工期手の平サイズで3~6営業日
寸法公差中級~粗級
主な材料紫外線硬化エポキシ樹脂
取扱材料SCR735(ABS相当)、TSR821(強靭性)
工法・概要紫外線レーザーを照射することで硬化するエポキシ系樹脂を、0.1mmの厚みで重ねて、造形を行う方法
加工工程プログラミング→光造形→荒仕上(サポート除去)→本仕上げ(外観面の積層除去)→コーティング(塗装)
マシンテーブルサイズ580×480×490 mm
光造形機
光造形機
光造形(機構部品)
光造形(機構部品)

【特徴】

光造形の工程は深夜稼働も可能なので、切削加工に比べ工期が短く、また安価なのが一般的です。積層方式なので、アンダーカットがある形状も一体加工ができることが特長です。光造形の通常の積層ピッチは0.1mmです。一般的なコピー用紙の厚みも0.1mmなのですが、ちょうどコピー用紙を数十枚重ねた際の側面のガタガタの様な形状が、光造形品の側面にも出てきます。これを積層目といいます。この積層目を除去する場合はそれなりの手間と時間を要し、この作業を本仕上げといいます。荒仕上まででしたら、かなりコストを抑えられます。本仕上げは、その程度によっては価格も上がります。

積層方向に割れやすいので(壊れやすいので)製品に力があまり掛からない、形状確認用の試作に適しています。また吸湿性があり、熱に弱いという弱点を持ちます。メッキ処理は不可ですが、塗装や染色は可能です。

光造形の積層目と除去後
光造形の積層目と除去後

加工方法の比較

スクロールできます
工法工期精度メリット・特長デメリット・注意
光造形3-6営業日中級工期が短い
切削品より安価
壊れやすい
熱に弱い
粉末造形3-6営業日中級耐熱靭性に優れる
工期が短い
表面がザラザラ
吸湿性がある
3Dプリント3-6営業日中級彫刻形状に最適
工期が短い
光造形よりコスト高
大きな造形が苦手
切削加工5-7営業日精級試作の定番工法
精密加工
形状によっては分割&接着もしくは対応不可
真空注型10-14営業日
(マスター含む)
中級複数個ならコストメリット有
インサートや調色も可
材料が限定される
形状によっては対応難
試作金型
射出成形
14営業日~精級本型より工期早め
量産材料で成形可
綿密な打ち合わせが必要
形状により対応不可

※上記はあくまで“感覚値”です。工期や精度を保証するものではありません。
※工期は小物~手の平サイズのワークを想定。

工期の比較

光造形・粉末造形・3Dプリントは、いずれも工法は積層方式です。積層方式なので、アンダーカット部も難無く形状化できるところが特徴です。概略としては「3Dデータを提供いただく→機械に掛ける」の工程なので、小物~手のひらサイズのワークであれば、切削加工に比べ早く仕上がる場合が多いです。ただし、ワークサイズが大きいものや、とても複雑な形状、数量が多い、仕上げ(磨き)に時間が掛かるものは、工期が長くなる場合もあります。

真空注型は、光造形または切削加工でマスターを製作してから注型工程に入るため、工期は長めになります。ただし、個数が多い場合は、真空注型の方が工期が短くなる場合もございます。

工期の比較

精度の比較

精度が求められるのであれば、切削加工もしくは金型+射出成形を提案致します。切削加工機の精度は“精級”です。光造形でもソコソコの精度が出ますが、光造形の材料は吸湿性があるため、保管環境によっては形状変化(湿気による膨張など)が起こりえます。

真空注型は精級を狙って加工致しますが、マスターおよびゴム型は加工環境・使用環境の影響(温度・湿度)を受けやすいため、精度“中級~粗級”でお考えいただいた方がいいかもしれません。

スクロールできます
精度目安0.5-3.03.0-6.06.0-3030-120
精級±0.05±0.05±0.1±0.15
中級±0.1±0.1±0.2±0.3
粗級±0.2±0.3±0.5±0.8

※精度の表は「精級~粗級」の感覚値をご覧いただくものであり、寸法公差を保証する内容ではございません。

※表は「JIS B 0405:1991」より一部抜粋

事業項目

渡辺製作所へのお問い合わせ

加工数量は1個から承ります!

↑↑↑
※お見積ページからでもデータを添付し送信できます


電話でお問い合わせ

06-6332-9881

FAXでお問い合わせ

06-6332-9886

メールでお問い合わせ

osaka-info@watanabe-mfg.co.jp

試作金型と射出成形

工期2週間~
自社工場で金型製作から射出成形まで。簡易金型を用いて少ロット射出成形。インサート成形の実績豊富。充填・反りシミュレーション可

切削加工

工期1日~
マシニングセンター26台設備。樹脂全般アルミ・SUSを切削。意匠モノも部品も治具も。既製品への追加工・改造OK

ラピッドプロトタイピング

工期1日~
光造形(ABSグレード・靭性グレード)。粉末造形(PA12相当・耐熱・高靱)。3Dプリント(積層ピッチ29μm・微細・滑らか)

目次
閉じる