ラピッドプロトタイピング

ラピッドプロトタイピング
目次

高速積層造形

光造形
粉末造形
3Dプリント

積層造形なのでアンダーカット形状も再現可能

積層造形とは、3Dデータの形状を任意のピッチ(厚み)で輪切り状態に分割し、1層を作っては重ね、1層作っては重ね・・・を繰り返して形状を作っていく方法です。積層造形のうち、当社では光造形・粉末造形・3Dプリントでの加工をお受けしております。

積層造形の特徴に、アンダーカット形状も一体品として加工ができることがあります。もし、アンダーカット形状の製品を切削加工で作ろうとした場合、製品を分割・貼合での加工、もしくは5軸加工ということになりますが、いずれも手間と時間が掛かり、それに比例してコストも掛かってしまいます。

一方、積層方式の造形である光造形・粉末造形・3Dプリントは、多くの場合、加工工程(描画・積層)のほとんどを機械に任せることができます。人の手が掛からない分、コストを抑えることができます。そのため、一般的には切削加工より造形の方が安いといわれます。(形状や大きさによっては、切削加工や他の工法の方が安くなる場合もございます)

積層造形の注意点として、材料が限られること(専用の材料しか使えない)、積層方向に壊れやすいこと(強度が弱い)、0.5mm以下の形状は造形が難しいことがあります。

※積層目

積層造形では必ず発生するものです。光造形の通常の積層ピッチは0.1mmです。一般的なコピー用紙の厚みも0.1mmなのですが、ちょうどコピー用紙を数十枚重ねた際の側面のガタガタの様な形状が、光造形品の側面にも出てきます。これを積層目といいます。

高速積層造形に用いる材料について

ラピッドプロトタイピングに用いる材料は、いずれも造形専用の材料であり、汎用プラスチックの“相当品”ですのでご注意ください。

光造形SCR735・SCR737・TSR821
(エポキシ系UV硬化樹脂)
粉末造形PA2200
(ナイロン12ベース粉末樹脂)
3DプリントVisiJet Crystal
(アクリル系UV硬化樹脂)
光造形、粉末造形、3Dプリント
光造形、粉末造形、3Dプリント

造形材料・一般材料を折ってみました(材料破断比較)

※あくまで参考としてご覧ください。

渡辺製作所へのお問い合わせ

加工数量は1個から承ります!

↑↑↑
※お見積ページからでもデータを添付し送信できます


電話でお問い合わせ

06-6332-9881

FAXでお問い合わせ

06-6332-9886

メールでお問い合わせ

osaka-info@watanabe-mfg.co.jp

試作金型と射出成形

工期2週間~
自社工場で金型製作から射出成形まで。簡易金型を用いて少ロット射出成形。インサート成形の実績豊富。充填・反りシミュレーション可

切削加工

工期1日~
マシニングセンター26台設備。樹脂全般アルミ・SUSを切削。意匠モノも部品も治具も。既製品への追加工・改造OK

ラピッドプロトタイピング

工期1日~
光造形(ABSグレード・靭性グレード)。粉末造形(PA12相当・耐熱・高靱)。3Dプリント(積層ピッチ29μm・微細・滑らか)

目次
閉じる