電話でお問い合わせ
06-6332-9881

FAXでお問い合わせ
06-6332-9886

メールでお問い合わせ
osaka-info@watanabe-mfg.co.jp

お見積・加工相談
※お見積ページはデータを添付送信できます

支給樹脂で板材の射出成形/丸棒の押出成形

支給ペレットから板材を成形し切削します
当社は樹脂切削の設備と金型・成形の設備があるので、量産で使用する材料から板材を成形し、切削して試作品を製作することができます。板材の成形用の金型は既に所有しておりますので、ペレットを支給いただけますと、加工が可能です。

「少量で間に合うから切削加工で試作品が欲しい。でも、実使用の検証もしたいため、本番材料で作りたいが、板材が存在しない」という場合にご好評いただいております。

“本番材料の板材が無い”というケースは試作分野でも決して稀ではないのですが、「板材成形+切削加工」をしているところは珍しいと思いますよ!

※材料ペレットは多めにご支給願います(少なくとも10kgは必要です)。
※材料によってはボイドや反り・歪みが発生することがございます。
※材料によっては成形が難しい場合、結果的に出来ない場合もございます。

(あまり言いたくありませんが、正直なことを申しますと・・・)
ご依頼いただいている板材成形案件の多くが特殊な高機能樹脂です。高機能樹脂は多くの場合にボイドや反りの発生があります。色付きの樹脂はボイドの有無が切削してみないと分かりません。もし切削中にボイドを発見しても時遅し。その場合は製品にボイドの欠けがあることをご了承いただくようにお願い致します。
製品形状がそれほど複雑で無かったり、サイズが小さいようであれば、「板材成形+射出成形」より製品形状の金型を製作させていただき射出成形した方がコストメリットがある場合もございます(製品が複数個を要する場合で)。
されたい事や最終製品の用途なども相談いただけましたら、どのようにお役に立てるかを検討し、お客様にメリットのある提案を致します。お困りの際はご相談ください。

■射出成形-板材サイズ(mm)

縦×横 板厚
100×100 1 2 3 5 10 15
150×150 2 3 5 10 15 20

※基準サイズは100mm×100mm×板厚10mmです。
(金型サイズが100×100×t10のため収縮で一回り小さくあがります)
※材料およびサイズによっては協力工場での成形となります。
※その他のサイズもご相談ください

100×100×t10の成形
100×100×t10の成形

■押出成形-丸棒サイズ(mm)
Φ10からΦ100までは10mm刻み、Φ120、Φ150

※押出成形(丸材)は協力工場で行います。
※その他のサイズもご相談ください

試験片の射出成形

ペレットを支給いただき、試験片やプレートを射出成形いたします。
※支給ペレットは10kg以上が必要です。
※サイズや要求によっては金型製作が必要です。
※サイズや要求によっては協力工場で成形します。

渡辺製作所へのお問い合わせ

加工数量は1個から承ります!

電話でお問い合わせ
06-6332-9881

FAXでお問い合わせ
06-6332-9886

メールでお問い合わせ

osaka-info@watanabe-mfg.co.jp

お見積・加工相談・お問い合わせ
※お見積ページからでもデータを添付し送信できます

Return Top